古美術 石泉 〒 605-0086 京都市東山区大和大路通三条下ル3丁目弁財天町36
TEL:075-525-0113・FAX:075-551-3030
漆器・蒔絵
 
商品番号 M-23
作   者 大垣 昌訓  Oogaki Shokun
題   名 『斜子塗香合』  an insence container
備   考 1865〜1937
共箱入  with a signed original wooden box
8.3(D)cm
   
 

明治から昭和初期にかけて活躍した金沢の漆芸家。
高田茂三郎に師事し、のち明治22年頃に独立。国内外の展覧会に出品を重ねつつ、明治25年に大垣工房を設立。作家としてだけでなく、デザイナー・経営者も兼ねた。
のちに宮内省御用となり、改良を重ねたきゅう漆技法やその近代的デザインは、今なお高く評価される。
変わり塗りを得意とした昌訓らしく、斜子(=魚々子)塗という手の込んだ仕事と、モダンなデザインの作品である。

 
金   額 電話にてお問い合わせ下さい。
大垣 昌訓 Oogaki Shokun/『斜子塗香合』 an insence container
 
大垣 昌訓 Oogaki Shokun/『斜子塗香合』 an insence container
 
大垣 昌訓 Oogaki Shokun/『斜子塗香合』 an insence container
   
ご注文・お問合せ
Copyright(c)2004 Oriental Art SEKISENAll Rights Reserved.