古美術 石泉 〒 605-0086 京都市東山区大和大路通三条下ル3丁目弁財天町36
TEL:075-525-0113・FAX:075-551-3030
漆器・蒔絵
 
商品番号 M-20
作   者 前端 雅峯  Maehata Gaho
題   名 『舟橋蒔絵香合』  an incense container
備   考 1936〜
共二重箱入 with a signed original wooden double box
6.0×7.3cm
   
 

国宝・本阿弥光悦作『舟橋蒔絵硯箱』を香合の寸法にうつしたもの。後撰和歌集「東路の佐野の船橋かけてのみ思ひ渡るを知る人のなき」の和歌を題材にしており、絵と文字を組み合わせて歌を表現している。
前端雅峯は「うつし」を技術の伝承ととらえ、特にこの光悦写しの作品は硯箱や香合などいくつか製作しているが、そのどれもが単なるコピーではないオリジナリティを持っている。

 
金   額 電話にてお問い合わせ下さい。
前端 雅峯 Maehata Gaho/『舟橋蒔絵香合』 an incense container
 
前端 雅峯 Maehata Gaho/『舟橋蒔絵香合』 an incense container
 
前端 雅峯 Maehata Gaho/『舟橋蒔絵香合』 an incense container
   
ご注文・お問合せ
Copyright(c)2004 Oriental Art SEKISENAll Rights Reserved.