古美術 石泉 〒 605-0086 京都市東山区大和大路通三条下ル3丁目弁財天町36
TEL:075-525-0113・FAX:075-551-3030
漆器・蒔絵
 
商品番号 M-17
作   者 岡田表寛・鈴木玉船
題   名 雲錦蒔絵吸物椀 十  10 sets of soup bowls
備   考 明治時代初期頃  around 130-150 years old
共箱入  with a signed original wooden box
各12.1(D)×8.6(H)cm
   
 

岡田表寛の塗りに鈴木玉船が蒔絵を加えた作品。
岡田表寛は「表派」木村表斎門下の塗師の家系で、主に懐石道具や家具などの塗りを手掛けた。また鈴木玉船は詳細不詳なるも、後に大阪の日本蒔絵会社で活躍した中川芝泉や、白漆を開発した初代稲井玉甫などを育てた蒔絵師である。
蝋色塗りで木地の歪みも少なく、外側に黒蒔絵で桜文様を総体に散らし、内側には変わりゆく紅葉の色彩をあらわしている。十客の内、四客にのみ椀の身の高台内に「玉船(花押)」の金漆銘が入れられている。
共箱にある「内田正啓堂」なる漆器(道具)店は不明。

 
金   額 電話にてお問い合わせ下さい。
岡田表寛・鈴木玉船/雲錦蒔絵吸物椀 十  10 sets of soup bowls
 
岡田表寛・鈴木玉船/雲錦蒔絵吸物椀 十  10 sets of soup bowls
 
岡田表寛・鈴木玉船/雲錦蒔絵吸物椀 十  10 sets of soup bowls 岡田表寛・鈴木玉船/雲錦蒔絵吸物椀 十  10 sets of soup bowls
 
ご注文・お問合せ
Copyright(c)2004 Oriental Art SEKISENAll Rights Reserved.